森のシーン

ロービジョンクリニックとは…

視覚障害(眼鏡等で矯正しても見えない、見えにくい)によって

日常生活や社会参加が難しく感じている方のための外来です。

視覚障害者手帳の有無は問いません。

 

例えば、こんなことありませんか?

活字が読めなくなった。

歩行に危険を感じ、自由に外出できない。

仕事を続けるのが難しくなった。

スポーツなどの趣味や生きがいをあきらめたくない。

 

些細なことでも構いません、まずはお気軽にご相談ください。

子供の目の検査

01

当院のロービジョンクリニックでできること

①よりよく見る工夫

 生活環境の改善、視覚補助具、家族や介護者の研修

 

②情報入手手段の確保

 眼鏡や拡大鏡(ルーペ)などの光学機器、

 拡大読書器や音声読み上げ機器等の支援機器、

 一般のデジタル機器を利用する方法等

 (訓練が必要なものは

  専門家や専門機関におつなぎします。)

 

③移動、歩行手段、外出時の支援

 ガイドヘルパー、白杖、歩行訓練、盲導犬等

 (訓練が必要なものは

  専門家や専門機関におつなぎします。)

 

④福祉制度の利用

 身体障害者手帳や障害年金等の相談や手続き、

 その他行政サービスの利用

 

⑤就労、就学についての相談

 職業訓練施設、視覚支援学校、支援団体との連携

 

⑥視覚障害者同士の交流や情報交換

 患者会等の関連団体や地域の催し物の紹介

 

⑦その他日常生活上の困りごと相談

 身近なものを利用して生活しやすくするコツ、

 便利なものを紹介します。

 (生活訓練、専門的なリハビリは

  後述の専門家や専門機関におつなぎします。)

02

ロービジョンクリニックの受診方法

クリニックは予約制になります。

事前に電話でお問い合わせください。

046-852-1747

受診時に持参いただきたいもの

 ①健康保険証

 ②主治医の紹介状(視力視野がわかるもの)

 ③身体障害者手帳

 ④お使いの眼鏡、ルーペ類、その他視覚補助具

 ⑤特に見たいもの(書籍、写真、学校や仕事で使うもの、趣味のものなど)

医師との問診
老眼鏡

03

見えない、見えにくい方が
知っておくとよい専門施設、団体、ロービジョンルームのある眼鏡店
など(特に神奈川県、当院近隣の方)